よくあるトイレの水漏れトラブル!その原因や対策について

トイレの水漏れトラブルについては、長く使っていると発生しやすくなります。よくあるのが、給水タンクに供給する水がいつまでも流れ続けるというトラブルもよくあります。そして便器を洗浄するための水も、いつまでもチョロチョロと流れ続けるというトラブルもあります。ここではこうしたトイレに備え付けられた各設備から、水が漏れるというトラブルについて紹介します。

■トイレで発生しやすい水漏れトラブルの原因について

トイレは、キッチンと同様に毎日使う場所なのでトラブルが発生すると大変です。一番厄介なのは、便器が詰まるというトラブルです。それと同様に、水漏れトラブルも長く使っていると発生しやすくなります。水洗トイレには、便器だけでなく便器を洗浄するための給水タンクも備え付けられています。そのためそれらの設備のどれかから、水が漏れたり使えなくなったりというトラブルが起こる可能性は高いです。
例えば給水管のつなぎ目から水が漏れる、あるいは給水タンクや便器に供給される水が止まらないというようなトラブルが想定されます。とくに給水タンクの場合、その中には水をタンク内に供給するための部品や便器に洗浄用の水を流すための部品が取り付けてあります。それらの部品は、ゴミが溜まったりサビなどで動きが悪くなりやすいので注意が必要です。

■トイレで水漏れが発生した時の対策方法について

トイレは毎日使う場所なので、水漏れなどのトラブルが発生した際には早急な修理が必要です。また素人では修理しづらい設備や部品が多いので、プロの業者に修理依頼をするのがベストです。例えば給水管のつなぎ目などからの水漏れの場合、ナットが緩んでいる程度ならスパナで締めれば元通りになります。ところが経年劣化やサビなどが原因の場合には、新しい部品と交換してもらう必要があります。
またタンク内の部品が原因の場合には、部品についたゴミやホコリを取ったり、潤滑油をスプレーすると、元通り動きがよくなるという可能性もあります。さらにトイレの蛇口から水が漏れるというトラブルについても、蛇口内の部品を交換すれば元通りになる場合もあります。

■まとめ
トイレで発生しやすい水漏れトラブルについて紹介しました。とくにトイレにある給水タンクには、タンク内や便器に水を供給するための部品があります。従って便器や床を掃除するだけでなく、タンク内の部品についても掃除やメンテナンスを心がけているとトラブルも発生しにくくなります。また自分で修理やメンテナンスができない場合は、早急に業者にお願いすることをお勧めします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ